wassup?

プログラミング、ボドゲ、ボカロ

ズボラな一文字aliasコマンド集

京都はクソ湿度が高くて気力が出ないです。 そんなズボラな状態でもコマンドは叩けるようにようにしておきたいものです。

alias集

l='ls -CF'

ただ,zshの設定で空コマンドでEnterするとlsになっている。

v='vim'

必須

s='less'

LESSに環境変数をつけていない人はつけましょう。

このオプションをつけていれば lessを高機能 catとして使えます。

export LESS='-j10 --no-init --quit-if-one-screen -i -M -R -W -z-4 -x4'

g='git'

定番の1文字

git周りalias:

alias gap='git add -p'
alias gc='git commit -v'
alias gcp='git commit -p -v
alias gb='git checkout -b'
alias gs='git stash'
alias gg='git grep'

a='git add'

gaよりもaで良いのではと考えてこうなっている。

c='git commit -m'

実際はこのような設定

c-func(){git commit -m "$*"}
alias c='noglob c-func'
$ a hoge.txt
$ c Add !$

ダブルクオートも打たなくて済むのでズボラ度が高くておすすめ

o='git checkout'

便利

f='git fetch'

変な副作用がないので fで良い。

j='cd git rev-parse --show-toplevel'

git管理されているトップレベルに戻る。

d='date +%Y%m%d'

$(d)の形で使う。

alias dt='date +%Y%m%dT%H%M%S'

とともに,ファイルの名前付けに使うと便利。

m='make'

Makefileはめちゃくちゃ便利。どこにでもある

t='tmux -2'

最近はtmuxを使わなくなってしまった。

b='bundle'

alias b='bundle'
alias bi='bundle install --path vendor/bundle'
alias be='bundle exec'

の3点セットで使う。

n='npm'

こちらの3点セット

alias n='npm'
alias ni='npm install'
alias nr='npm run'