wassup?

プログラミング、ボドゲ、ボカロ

15枚のデックでロイヤルテキサスホールデム

テキサスホールデムの変種に、ロイヤルホールデム(royal hold'em)があります。

これはAKQJTの5枚4スート、合計20枚のショートデックを使います。

あとは、普通のホールデムと同様にゲームを行います。

ランダムハンドの役出現確率は下のようになります。

5枚 5枚% 7枚 7枚%
royal 4 0.025 420 0.54
4oak 80 0.50 2800 3.6
full 480 3.0 29280 37.8
straight 1020 6.6 27740 35.8
3oak 1920 12.3 0 0
2pair 4320 27.9 17280 22.3
1pair 7680 50.0 0 0

7枚だと3oakが必ずfullになるので、出現頻度がfull>straightになるようです。

クレイジーロイヤルホールデム

デックは「sAhAdAcAsKhKdKcKsQhQdQsJhJsT」+Jokerの合計15枚です。

ホールデムをする場合バーンカード3枚含めるとmax 3人。バーンをしなければmax 5人です。

Jokerは任意のスートのAとして扱います。

デックはAが5枚、Kが4枚、Qが3枚、Jが2枚、Tが1枚で覚えてください。

役の強さは通常の順番でも良いですが、 頻度順の場合以下の順で役の強さが定義されます。

5枚 5枚% 7枚 7枚%
5oak 1 0.0034 45 0.70
royal 2 0.067 81 1.2
flush 5 0.16 189 2.9
4oak 61 2.0 750 11.7
straight 118 3.9 1316 20.5
full 173 5.8 2049 47.4
3oak 563 18.7 0 0
2pair 878 29.2 1005 15.6
1pair 1202 40.0 0 0

7枚引くとほぼ半分がfullになります。

flushは、royalになっていない形のため、Jokerを含む1pairかつflush形だけです。

このゲームの良さは、自分のハンドの情報がデックに対してあまりにも大きい所です。 例えばTを持っていれば他人にstraightを完成されることはありません。

楽しく遊べるショートデックポーカーの最小形の1つだと思われます。

ブラックバイスクル

ブラックバイスクル